KIOSK特別編パート8

2013年8月9日発売。1個630円。[1]

JR 東日本の主要駅 KIOSK・NEWDAYS(発売予告チラシの貼ってある店舗:取り置き、予約不可)など計441店舗、
および通販サイトえきねっとにて販売[1]。(初日は10:00発売開始。)

  • えきねっとでの販売は、1ボール(12個入り)単位、5ボールまで[2]
  • 先行予約販売は、1カートン単位(12個入りボール箱×10ボール=120個)で、8月2日より受付[3]
目次

アソート

全12種+シークレット1種。

マニ50-2186(ゆうマニ)タイプはシークレット。

185系200番代 157系色先頭車
モハ185
モハ184
サロ
205系500番台 相模線先頭車
中間車
205系3100番台 仙石線先頭車
中間車
E233系2000番台 常磐線先頭車
中間車
E653系 橙編成先頭車
中間車
マニ50-2186 ゆうマニタイプ

詳細

185系157系色

  • 200番台。先頭車(クハ185)、モハ185(パンタあり)、モハ184(パンタなし)、サロ185(グリーン車)の4種。モハは1形式ずつのアソート。パンタグラフは銀色。
  • 157系電車の塗り分けを再現したクリームの国鉄特急色、OM08編成がプロトタイプ。
  • スカートは灰色。2012年発売の185系EXPRESS(黒)と異なり、トレインマークシールを貼る位置に突起がない。スカートなしでも組立は可能。
    • 実車は登場時が黒で、後に強化スカートに交換、灰色になった。製品のスカートは既存のものと同様。
    • ヘッドマークシール、『あまぎ』のトレインマーク以外はスカートパーツに貼ることで前面パーツの内側に透けて見えるようになる*1
    • 185系湘南色と同様、ヘッドマーク台座はない。

OM08編成(157系塗装)・乗務員扉横のJRマークは再現されない

ステッカー
185系 ・E653系共通
以下185系関連分のみ抜粋

  • 車体番号(各2 )
OM08編成
←上野5-314モ185-227_モハ184-227_モ185-228_モハ18万座鹿沢口/越後湯沢/黒磯→
クハ185-314モハ185-227モハ184-227モハ185-228モハ184-228サロ185-214クハ185-214
  • ヘッドマーク : ◥そよかぜ◤◥湘南日光◤準急日光◤、≡(上州踊り子)≡ (各1 )
  • トレインマーク :  水上_草津_谷川あかぎ_あがつま草津草津白根_///そよかぜ///あまぎ、回送 (各1 )
  • グリーン車マーク ×2
  • 通風ルーバー(モハ184用)×4
 

205系500番台 相模線

  • 先頭車、中間車の2種。半自動ボタンは再現されていない。
  • 前面、スカートは新規金型。スカートは灰色で実車(白)と異なる。
  • 中間車はパンタグラフの有無で作り分けできる。シングルアームパンタが付属。
  • 先頭車のJRマークが再現されているが、実車は乗務員扉寄りの客扉直後にあり位置が異なっている(画像の赤い丸部分が本来の位置)。
  • 行先表示は前面パーツに貼る。

205系500番台 相模線

ステッカー
500番台/相模線 3100番台/仙石線共通。

500番台/相模線用

  • 車体番号 :各2
横コツR1横コツR3横コツR8横コツR10横コツR13
クハ205-501
モハ205-501
モハ204-501
クハ204-501
クハ205-503
モハ205-503
モハ204-503
クハ204-503
クハ205-508
モハ205-508
モハ204-508
クハ204-508
クハ205-510
モハ205-510
モハ204-510
クハ204-510
クハ205-513
モハ205-513
モハ204-513
クハ204-513

※ 上が茅ヶ崎方面(1号車)、下が橋本方面(4号車)。

  • 運行番号・行先表示*2:  ____八王子_相模線_ ____茅ヶ崎_相模線_ ____橋 本_相模線_ :各1

3100番台/仙石線用

  • 車体番号 :各2
仙センM1仙センM11仙センM15仙センM17仙センM19
クハ205-3101
モハ205-3101
モハ204-3101
クハ204-3101
クハ205-3111
モハ205-3111
モハ204-3111
クハ204-3111
クハ205-3115
モハ205-3115
モハ204-3115
クハ204-3115
クハ205-3117
モハ205-3117
モハ204-3117
クハ204-3117
クハ205-3119
モハ205-3119
モハ204-3119
クハ204-3119

※ 上が石巻方面(4号車)、下が仙台・あおば通り方面(1号車)。

  • 前面上部*3:  ___仙台・あおば通___ _-_仙台・あおば通___ ___石 巻___ ___石 巻___ :各1
  • 車いすマーク ×3
  • トイレ窓塞ぎ板*4 ×2

共通

  • 冷却風グリル ×6
  • 弱冷房車マーク ×6
 

205系3100番台 仙石線

  • 先頭車、中間車の2種。ドア小窓。側面は幕式。半自動ボタンは再現されていない。
  • 先頭車は前面、側面のJRマークが再現されている。
  • 先頭車の刻印がMc表記で南武支線のものと共通。パンタあり屋根も付属。
    • 先頭車側面はトイレ設置のため塞ぎ処理をしたもののみ付属し、クハ204(トイレなし先頭車)を作る場合は窓部分を開口する必要がある*5
      • トイレ付き先頭車は側面とガラスを組み合わせ、加工なしで製作可能。
    • 先頭車側面右パーツは乗務員扉の上に方向幕があるが、実車は塞ぎ処理されていて銀色になっている(交換対応)。
  • 中間車はパンタグラフの有無で選択可能。パンタなしと1パンタ屋根のみでパンタグラフはシングルアーム、銀色。
  • 行先表示などは前面パーツに貼る。

3100番台 仙石線

ステッカー

 

E233系2000番台 常磐線

  • 先頭車と中間車の2種。前面、屋根は新規金型。
  • BトレのE233系では初めて前面パーツが1つになった。行先表示は屋根パーツに、運行番号と非常用扉ステッカーは前面パーツに貼る。
  • 側面とガラスは小田急4000形の流用品(刻印が4000)。
  • 中間車の屋根はパンタ1基、パンタ2基、パンタなしモハ、サハの4種から選択可能。
  • 先頭車側面のJRマークは印刷済み。
  • 車番は銀色で実車と異なる。

2000番台 常磐線

ステッカー

  • 車番(銀色・各2枚/パンタ車は狭小トンネル対応マーク付き) 上が取手方面(10号車)、下が代々木上原方面(1号車)。
東マト1編成東マト7編成東マト12編成東マト18編成
クハE233-2001
モハE233-2401
モハE232-2401
サハE233-2201
モハE233-2001
モハE232-2001
サハE233-2001
モハE233-2201
モハE232-2201
クハE232-2001
クハE233-2007
モハE233-2407
モハE232-2407
サハE233-2207
モハE233-2007
モハE232-2007
サハE233-2007
モハE233-2207
モハE232-2207
クハE232-2007
クハE233-2012
モハE233-2412
モハE232-2412
サハE233-2212
モハE233-2012
モハE232-2012
サハE233-2012
モハE233-2212
モハE232-2212
クハE232-2012
クハE233-2018
モハE233-2418
モハE232-2418
サハE233-2218
モハE233-2018
モハE232-2018
サハE233-2018
モハE233-2218
モハE232-2218
クハE232-2018
  • 行先表示・サンバイザー(テールライト点灯/消灯各1。運転台窓部にサンバイザーの表現あり)
    ---各駅/停車 常磐線 --- - 各駅/停車 常磐線   ---各駅/停車 常磐線/千代田線直通 --- - 各駅/停車 常磐線/千代田線直通
    ---各駅/停車 取手 --- - 各駅/停車 取手   ---各駅/停車 我孫子 --- - 各駅/停車 我孫子
    ---各駅/停車 霞が関 --- - 各駅/停車 霞が関   --- 代々木上原 --- - 代々木上原  
  • 列車番号 1529K  802K  1503K 1415K  15K  27K 
  • コーポレートロゴ ×2
  • 弱冷房車 ×6
  • 車いすステッカー ×4
  • 女性専用車 ×6
  • 非常用扉窓上部ステッカー ×2
 

E653系 フレッシュひたち オレンジ編成

  • 先頭車と中間車(モハ)の2種。
  • パーツ構成は12年発売の赤編成と同様。
  • 先頭車はクハE653、クハE652どちらか一方を製作可能(1セットに側面とガラスパーツが2組入っている)。実車の前面ライトは外側が小さいが、製品ではどちらも内側の大きさになっている。
  • 中間車はパンタあり(モハE653)・なし(モハE652)のどちらか一方を製作可能。パンタは灰色で1個付属。
  • 屋根上のクーラーは別パーツ。メッシュ奥のファンも表現されている。
  • 車番が銀色で実車と異なる。

フレッシュひたちオレンジ編成・乗務員扉横のJRマークは再現されない

ステッカー
185系、E653系共通。
以下E653系関連分のみ抜粋。

  • 車体番号
R351R352R353R354
クハE653-101
モハE652-17
モハE653-17
クハE652-101
クハE653-102
モハE652-18
モハE653-18
クハE652-102
クハE653-103
モハE652-19
モハE653-19
クハE652-103
クハE653-104
モハE652-20
モハE653-20
クハE652-104

※実車の車番は白字だが、銀色で印刷されている。

  • シンボルマーク(先頭車扉横、「袋田の滝紅葉」) ×2
  • 前面ロゴ 「Hitachi express 」 ×2
 

マニ50-2186(ゆうマニ)タイプ

  • シークレット。
  • 側面、屋根は実車と異なる部分があるのでタイプモデルとなる。

ステッカー

  • 車番(4枚・Gマーク(●)つき。黒字)
    • マニ50 2186
  • 側面ルーバー(4枚・スケールの都合で片側につき1か所)
  • 『荷物』表記(4枚・片側につき1か所)
 
アソート製品
 

*1 『あまぎ』は表示機の表側にプレートを取り付けた
*2 運行番号は無表示。
*3 下側の青い部分はサンバイザー表現。
*4 製品の側面は最初から埋まっている
*5 説明書には記載がない
[1]  Bトレインショーティー KIOSKとNEWDAYS限定の特別編第8弾を発売します(PDF)
[2]  【JR東日本リテールネット限定第8弾】◆Bトレインショーティー≪お一人様5ボールまで≫
[3]  【JR東日本リテールネット限定第8弾】◆Bトレインショーティー≪大型送料込≫
このサイトはBトレインショーティーの製品情報をまとめた非公式ウィキです。プライバシーポリシー