JR東日本/実車情報

実車情報

E231系

  • JR東日本の首都圏の通勤車両、近郊車両を置き換えるため開発、1999年末からの0番台を皮切りに順次投入された。
  • E231系の試作車は209系950番台(後にE231系900番台として改番された。)として開発されている。この時期に並行して209系500番台が中央・総武緩行線用として製造されていた。
    • 209系で得た技術を取り入れJR東日本の「第2世代」車両として試作されたのが始まりである。
  • 0番台が投入されたのは1999年からである。最初は中央・総武緩行線用として投入され、常磐快速・成田線、宇都宮・高崎・横須賀・東海道線・湘南新宿ライン用の近郊型、山手線、東京メトロ東西線直通車と、首都圏のほとんどの路線で見ることのできるようになった。
    • 500番台は205系の置き換え用とデジタルATCの導入に合わせて製造された。前面の形状が0番台と異なる。ライトがネコ目状になっていて、この番台の特徴でもある。最近では、トウ520編成が中央・総武緩行線に転属した。
    • 登場当初から6ドア車を組み込んでいた。しかしホームドア設置工事が始まり、山手線全駅に設置が決まると対応化工事のため6ドア車の代替えが必要になった。その代わりにサハE231-4600番台(10号車)とサハE231-600番台(7号車)が代替製造され、2011年の8月31日をもって6ドア車の置き換えが完了した。
      • サハE231-4600番台とサハE231-600番台は、この時増備が進んでいたE233系に似た車内となっている。(車体の寸法はE231系に合わせている。)また10号車のサハE231-4600番台はE233系1000番台(京浜東北線用)の先頭車のドア位置に合わせるため、ドアの位置が少しずれている。(サハE231-4600番台(10号車)は製品化はされていない。)
    • 800番台は103系1000・1200番台と301系を置き換えるために製造された。地下鉄直通車のため、前面に非常用貫通路を備えている。さらに車体の寸法も東西線仕様となっている他、側面形状が209系に似たものとなっている。
      • 製品でも209系の側面の金型を流用している。
    • 近郊タイプは115系の置き換えを目的とし製造が開始され、次第に勢力を伸ばし、東海道線の113系も置き換え、現在ではE231系の中では広い範囲で見ることのできるタイプでもある。
      • 踏み切り事故を想定して、先頭車の構造は他の番台よりも強固に作られている。
      • インバーターも特徴があり「墜落インバーター」の愛称でも有名である。
      • 車内設備でロングシートとセミクロスシートがあるため、実車を再現するには通勤形(中央・総武緩行線用、常磐快速線用、山手線用)のガラスパーツが車両分必要である。
      • 登場当初はグリーン車を連結していなかったが、2004年から組み込みが始まり、2006年にすべての編成にグリーン車が連結された。(組み込みの際、編成の組み替えも行っている。)
  • 全ての番台で強化型スカートに交換している。(スカートの先が尖っている(V字状の)もの。)
  • 209系と同じく、妻板の作りで製造した会社が異なる。(詳しくは209系を参照)但し、現在は対応している製品がないので注意が必要である。

209系

  • JR東日本が老朽化した103系を置き換え(一部は輸送力増強用など)として1992年に 901系として試作製造、翌年1993年に京浜東北・根岸線と南武線に投入され、京浜東北線を中心に順次投入されていった。
  • この209系以降、JR東日本は「新系列車両」として区分している。(E217系、E127系など209系ベースの車両はこの系統に入る。)
  • 「重量半分・価格半分・寿命半分」という目標とし、開発・製造が進んだため、従来の車両よりも省エネルギー化、メンテナンス性向上によるランニングコストの削減、製造会社の自由度を認め、大量生産が可能になったことでのコストの削減など、様々な成功を収めた系列となった。
    • 「寿命半分」というフレーズから、鉄道ファンの間からは「走ルンです」という愛称が付けられ、親しまれている。
  • 大量生産を可能にした本形式は後のE231系などの製造に大きく関わってくることとなる。

209系の番台ごとの相違点

2014年10月現在。

  • 0番台は京浜東北線・根岸線(2010年まで)、南武線で活躍。
    • 京浜東北線の最終編成はウラ52編成。ヘッドマークが取り付けられた。
      • 制作した工場によって妻板の形状が編成ごとに異なる。
      • 製品付属のものだと東急車両・新津車両製作所製のもので、りんかい線70-000形に付属しているものを使用すると川崎重工製のものになる。
  • 500番台は京浜東北線・根岸線(2010年まで)、中央・総武線、京葉線、武蔵野線で活躍。
  • 900番台は試作車。京浜東北線・根岸線で(2007年まで)活躍。
  • 1000番台は常磐緩行線で活躍。小田急線直通非対応。
  • 2000番台・2100番台は房総各線で活躍。
  • 2200番台は南武線で活躍(2017年まで)。
  • 3100番台は八高・川越線で活躍。
  • MUE-Trainは現在、中間の4号車を抜いた6両で試験運行中。
  • JR東日本訓練車は、八王子支社・横浜支社・大宮支社に所属。
  • 6扉車は京浜東北線・根岸線(2010年まで)に連結。ただし、500番台・900番台には連結されていない。
  • 1000,2000,2100番台のみ、E231系と同じ強化型スカートに交換している。(スカートの先が尖っている(V字状の)もの。)
実車情報
このサイトはBトレインショーティーの製品情報をまとめた非公式ウィキです。プライバシーポリシー