JR九州/実車情報

実車情報

885系

  • 2000年3月11日に営業運転を開始した。783系と485系を使用していた特急「かもめ」の速度向上を目的に製造された。
    • JR九州の振り子電車としては883系に続き2例目。
    • 車両のデザインはドーンデザイン研究所の水戸岡鋭治氏が担当した。
    • 2001年には鉄道友の会第44回ブルーリボン賞、ブルネイ賞、財団法人産業デザイン振興会グッドデザイン賞を受賞した。
    • 車体は「A-train」を採用しFSW(摩擦撹拌方式)により製造されたダブルスキン構造のアルミニウム合金製。
    • 新幹線車両、あるいはドイツ鉄道のICE3をイメージさせるような流線形の先頭車である。
    • 振り子電車なのでパンタグラフが振り子動作に影響されないように、パンタグラフ台を台車枠直結の支持台上に設置されている。*1
    • JR九州の車両としては珍しく、白一色で車体下部と前面運転台窓周りに帯が入っているだけである。1次車は黄色*2、2次車は青色である。ロゴもそれぞれで異なっていた。
    • しかし予備車が少なく、運用の幅が狭いため予備車確保*3もかねてデザインを統一する工事が行われ、現在では「かもめ」、「ソニック」で活躍している。*4
    • 基本は6両で運転しているが、5両で運転することも可能である。*5
  • 885系は1次車と2次車があるが、製品は「ソニック」の増発用として一部の設計が変更されて製造された2次車がモデルとなっている。
  • ここでは2次車のみ取り上げる。

885系2次車

  • 2001年に「ソニック」用に投入された編成である。登場当初は5両編成だった。
    • 2003年にサハ885-300番台を組み込んで6両編成化している。
    • 1次車との相違点は前面の帯の太さ、前照灯の形状、ワイパーの本数である。*6
    • 「ソニック」の運用限定だったため、車体側面のエンブレムも「ソニック」専用のものだった。
    • 1次車が2次車に塗装を合わせる工事を行ってからは、側面のエンブレムは撤去され、「AROUND THE KYUSHU」のロゴが全車両に施された。

運用

  • 2014年6月現在
  • 1次車と2次車のいずれかが入っている運用である。
  • 「かもめ」(白いかもめ)博多~長崎間
    • 長崎⇛博多:102、2、4、6、104、8、12、16、20、22、24、26、30、34、42、46、202*7
    • 博多⇛長崎:3、7、9、13、17、21、23、25、27、31、35、39、43、45、47、49号
  • 「ソニック」(白いソニック)博多~大分・佐伯間
    • 佐伯・大分⇛博多:2、12、14*8 、18、24、34、36、38、46、56、58号
    • 博多~大分・佐伯:5、17、21、27、37、39、41*9 、49、57、59号

車両の配置

南福岡車両区(本ミフ:SM編成)

方面 ⇚長崎space___space(かもめ)space___space博多⇛
⇚博多・大分・佐伯space___(ソニック)space_space小倉*10
号車123456
編成クロハ884モハ885サハ885サハ885モハ885クモハ885
SM88201301888
SM99202302999
SM1010203303101010
SM1111204304111111
実車情報
 

*1 他には883系やJR東日本のE351系にこの方式を使っている。
*2 後に2次車と同じく青色に統一された。
*3 1次車は7本在籍しているが、それに対し2次車は4本しか在籍していないためである。
*4 過去には「きらめき」、「みどり」、「にちりんシーガイア」の運用にも就いたことがある。
*5 その際には、サハ885-300(3号車にあたる車両。)を外す。
*6 帯の太さは1次車より若干ながら太め。前照灯の形状は丸みを帯びている。ワイパーの本数は1次車が3本に対し、2次車は2本となっているという違いである。
*7 102号は肥前鹿島発、202号(全車自由席)は諫早止まり
*8 14号は佐伯発
*9 41号は佐伯行き
*10 小倉~大分・佐伯は逆向き
このサイトはBトレインショーティーの製品情報をまとめた非公式ウィキです。プライバシーポリシー