西日本スペシャルパート5

2011年10月7日発売。
1個630円。12個入(1ボール)7,560円。

JR西日本主要駅売店、トレインボックスなどで販売。10月8・9日の第18回鉄道フェスティバルin日比谷公園でも販売。
シャーシに変更はないが、1個630円に値上げされた。

発売日当日に販売した売店は少なかった。

目次

アソート

全12種+シークレット。

221系先頭車
中間車
475系 新北陸色先頭車
中間車
北陸地域色先頭車
中間車
117系中国地域色先頭車
中間車
和歌山色先頭車
中間車
205系初期 新京阪神緩行色先頭車
中間車
キハ58系 高岡色キハ58

詳細

221系

  • 前面パーツの方向幕部分(中央扉上)は黒く塗りつぶされている。西日本スペシャルパート6では省略された。
    • 種別幕ステッカーは前面パーツ内側(屋根パーツの黒塗装部分)に貼る仕様だが、切り貼りする必要がある。
  • スカートは2種(ジャンパ栓右:クハ用/左:クモハ用)。
    • 現行の強化スカート仕様。
  • 先頭車側面パーツ(助士側)は「トイレあり/無し」の2種付属。
    • 「トイレあり」の組立てに際し、ガラスパーツの加工が必要。
    • 先頭車側面パーツはJRマーク印刷済み。
  • 側面幕部分はガラスパーツはめ込み。
  • 先頭車屋根パーツは、「パンタなし/1パンタ/2パンタ」の3種、中間車屋根パーツは「パンタあり、なし」の2種付属。
  • 先頭車妻面パーツは「配管・ダクトあり・ドアノブ左/ダクトなし・銘板あり・ドアノブ右」の2種、
    中間車妻面パーツは「ダクトあり・ドアノブ右/ダクト・銘板・ドアノブ左/ダクトなし・銘板・ドアノブ右/ダクトなし・ドアノブ左/配管・ダクト・銘板・ドアノブ左」の5種付属。
    • 左右のドアノブが一方に揃うように(互い違いにならない)連結する(説明書に記載はない)。
  • 台車レリーフは「ヨーダンパ付き」×4と「ヨーダンパなし」(クハ、サハの片側用)×2の2種計6個付属。
    両側面ともクハは向かって右側、サハは左側の台車がヨーダンパ無しとなる。Wikipediaの参考写真
    • 説明書にはWDT50とWTR235の記述があるが、先頭および中間に付属する台車はヨーダンパー有無問わずWDT50のみ。
  • 原型スカート、ヨーダンパなし台車(数が不足する)の登場時は再現できない。
  • 中間車側面のくつずりのモールドが抜けているエラーあり。

クモハ221 クハ221 

ステッカー

  • 車体番号
近ホシ 近キト近ナラ
C5K24C14K13NB201→NA419NB203→NA423NA401
クモハ221-54
 モハ221-54
 サハ221-54
 クハ221-54
クモハ221-74
 モハ221-74
 サハ221-74
 クハ221-74
クモハ220-2
 サハ220-35
 モハ220-35
 クハ220-2
クモハ220-6
 サハ220-19
 モハ220-19
 クハ220-6
クモハ221-12
 モハ221-12
 サハ221-12
 クハ221-12
A1B2NB801NA425NC602NA418
クモハ221-25
 モハ221-25
 サハ221-25
 モハ220-6
 サハ220-6
 モハ220-7
 サハ220-7
 クハ221-25
クモハ221-2
 モハ221-2
 サハ221-2
 モハ220-2
 サハ220-2
 クハ221-2


クモハ221-8
 モハ221-8
 サハ221-8
 モハ220-22
 サハ220-22
 モハ220-28
 サハ220-28
 クハ221-8
クモハ221-3
 モハ221-3
 サハ221-3
 モハ220-3
 サハ220-3
 クハ221-3


クモハ220-1
 モハ220-47
 サハ220-47
 クハ220-1




※実車の車番はステンレス切り抜き文字(銀)だが、黒字になっている。
近キトK13クモハ221-74は2パンタ車。
近ホシA1クモハ221-25は印刷エラーで「クモ221-25」となってしまっている。
近ナラNB201NB203は発売時点で4連化されている。白抜き車番 は未収録。
近ナラNB801は後に4連化(NA425/グレー地の4両)された。

  • 種別 (運番表記なし) 各1
    _運番_快速 ͟__JR_  _運番_快速 ͟__JR_  _運番_快速 _JR_  _運番_直通快速 ͟__JR_  _運番_新快速 ͟__JR_
    _運番_区間快速 ͟__JR_  _運番_大和路快速 ͟__JR_  _運番_みやこ路快速 ͟__JR_  _運番_普通 _JR_  _運番_臨時 _JR_ 
    緑色アンダーライン͟_(大和路線用)の快速 文字色は、実車は青色でなく快速 (緑色)。
    アンダーラインなし(JR神戸線・京都線)の快速 文字色は、実車は黄色でなく快速 (オレンジ)。
  • JRマーク*1 (車体に印刷済みで使用しない)×4
 

475系

  • 前面はシールドビーム車とデカ目の2種類付属。
  • クモハ用の、小窓部分切除済みのガラスパーツが新たに添付されている。
  • 屋根板は457系(新製冷房車)仕様。そのため多数派の冷房改造車とはベンチレーターの配置が異なる。また実車は新北陸色時代にベンチレーターが撤去されている。先頭車のクーラーはAU13のみ。
475系新北陸色
新北陸色
475系北陸地域色
北陸地域色

ステッカー

  • 車体番号*2
A01増A03増A05A07A08_6A10
サハ455-2
モハ474-16
クモハ475-16s
サハ455-4
モハ470-1
クモハ471-1s
クハ455-13s
モハ474-17
クモハ475-17s
クハ455-19*
モハ474-19
クモハ475-19s
クハ451-30s
モハ470-2
クモハ471-2s
 クハ455-46
 モハ456-16
クモハ457-16
A13A14A18A19A20_6A21
クハ455-61
モハ456-19
クモハ457-19
クハ455-302
モハ474-41
クモハ475-41
クハ455-47
モハ474-45
クモハ475-45
クハ455-60
モハ474-46
クモハ475-46
クハ455-20
モハ474-47
クモハ475-47
クハ455-57
モハ474-48
クモハ475-48
A22_6A23_6A24_6A25_6A26_6_6
クハ455-63A
モハ474-49
クモハ475-49A
クハ455-64A
モハ474-50
クモハ475-50A
クハ455-59
モハ474-51
クモハ475-51A
クハ455-41
モハ474-52
クモハ475-52
クハ455-42
モハ474-53
クモハ475-53
クハ455-62A
xxx(A17/A11)
クモハ457-17
新北陸色北陸地域色復刻色。編成番号末尾の「_6」は6連用車番として収録。
※先頭車番末尾の「s」はシルドビーム車、末尾「A」はAU12クーラー装備車。
A07クハ455-19* はステッカーではシルドビームと指示されているが、実車は原形(大型)ライトである。
A22 は6連解除の再3連化後、北陸地域色 に塗装変更されている。
A31(A08+A26)A32(A11+A24)A33(A20+A25)A34(A22+A23)2010年6連固定編成化。
中間車化先頭車は外観変更なく
機器使用停止措置ならびに改番。
ブルー地 は改番後の形式変更車。
改番・形式変更前の車番も収録。
クハ455-42
モハ470-2
モハ471-2
サハ451-30
モハ474-53
クモハ475-53
クハ455-59
モハ456-17
モハ457-17
サハ455-62
モハ474-51
クモハ475-51A
クハ455-41
モハ474-47
モハ475-47
サハ455-20
モハ474-52
クモハ475-52
クハ455-63A
モハ474-50
モハ475-50
サハ455-64
モハ474-49
クモハ475-49A
  • モハ屋根ルーバー ×2
  • 側面方向幕(白地) ×4
 

117系

  • 側窓がユニット構造の0番台/300番台仕様。
    • 下関電車区のセキC編成(→岡山電車区E-07~09編成)は再現出来ない。
  • 中間車はパンタあり・パンタなしの2種の屋根パーツが付属。
    • 霜取り用2パンタ屋根パーツは付属しない。
  • ベストリピート11の塗装変更品。
  • 先頭車のドア窓は中間車に比べて角張っている。

ステッカー

  • 車体番号
岡山電車区 日根野電車区
クハ117-11
モハ117-22
モハ116-22
クハ116-11
クハ117-17
モハ117-34
モハ116-34
クハ116-17
クハ117-12
モハ117-24
モハ116-24
クハ116-12
クハ117-14
モハ117-28
モハ116-28
クハ116-14
クハ117-308
モハ117-40
モハ116-40
クハ116-308
クハ117-318
モハ117-305
モハ116-305
クハ116-318
クハ117-320
モハ117-341
モハ116-341
クハ116-320

和歌山色の実車はステンレス切り抜き文字または白字のJR式の筆体だが、シールでは黒字の国鉄式筆体になっている。
中国地域色の車番貼り付け位置は、車両の右端妻板寄りである。ただし先頭車右側面は左端に貼る。

  • 方向幕 : 普通 回送団体 、(白幕)、快速サンライナー*3 各2
  • モハ116用冷却グリル ×4
 

205系初期

  • 2011年3月に阪和線から京阪神緩行線へ転属した際に塗り替えられた、207系/321系に準じた塗色。
    • 実車では2011年度から体質改善*4が施工され、2013年に阪和線へ再転属した後にスカイブルー帯に塗装変更されている。
    • 転属の際に余剰となったサハ205は体質改善されずに2015年に廃車・解体された。
  • 前面のJRマークは印刷済み。
  • JR西日本仕様のスカート付属*5

205系 新京阪神緩行色

ステッカー

  • 車体番号
C1C2C3C4
クハ205-35
モハ205-103
モハ204-103
サハ205-69
モハ205-104
モハ204-104
クハ204-35
クハ205-36
モハ205-105
モハ204-105
サハ205-70
モハ205-106
モハ204-106
クハ204-36
クハ205-37
モハ205-107
モハ204-107
サハ205-71
モハ205-108
モハ204-108
クハ204-37
クハ205-38
モハ205-109
モハ204-109
サハ205-72
モハ205-110
モハ204-110
クハ204-38
  • 前面方向幕 : 京都 大阪 高槻 尼崎 回送 試運転*6
  • 運番表示 : A01 A41 A42 A43 (無表示)
  • 優先座席表示*7 ×4
  • 冷却風グリル ×4
 

キハ58系

  • シークレット。
  • 前面は、シャッター付タイホン、配管ありのみ付属。
  • 屋根はキハ58/28両方が付属する。

ステッカー

  • 車体番号
キハ58 477
キハ58 792
キハ58 1114
キハ28 2158
キハ28 2346
キハ28 2360
キハ58 477
キハ58 792
キハ58 1114
キハ28 2158
キハ28 2346
キハ28 2360
  • 前面方向幕 : 回送、富山、越中八尾、氷見、高岡、城端、猪谷 (各2)
  • ワンマン 表記 ×2
アソート製品
 

*1 JRマークが収録されていない485系スーパー雷鳥に流用できる。
*2 中間車改造車はワイパー撤去、運転室の封印、マスコン等にオレンジ色のパーツが着けられていた。2010年9月頃から、サハ455-64,モハ475-50を皮切りに改造された。
 しかし2011年3月12日付のダイヤ改正時に中間車編成のみ、419系と共に引退した。改造目的は廃車予定の判別のためだと思われる。

*3 実車では全車が中国地域色になった2016年7月から使用されなくなった。
*4 主な改造箇所として、方向幕LED化・ベンチレーター撤去・スカート強化・くつずり黄色線の追加などが挙げられる。
*5 形状からして東日本の先頭化改造車のスカートを黒く塗装したものと思われる。
*6 回送 / Not in service試運転 / Test Run の英語表記が入れ替わっている。
*7 2004年頃までの、携帯電話のマナー表記が無いタイプ。上記の通り、実車ではこの塗色が登場したのは2011年なので、厳密に言えばエラーとなる。
このサイトはBトレインショーティーの製品情報をまとめた非公式ウィキです。プライバシーポリシー