西日本スペシャルパート3

2007年10月14日発売。
1個420円。24個入り(1ボール)10,080円。

JR西日本管内の主な駅売店、ジェイアール西日本商事のインターネット通販、カツミ直営店(目黒店、有楽町店、池袋店、横浜店)などで販売。
発売日前日の第14回鉄道フェスティバル(日比谷公園)で先行販売された。

初出である201系体質改善、125系、105系が注目された。113系阪和色・関西色も後期タイプでは初出。

目次

アソート

全24種(+シークレット1種)。
クモニ83800はシークレット。

201系体質改善スカイブルー先頭車
中間車
ウグイス先頭車
中間車
オレンジ先頭車
中間車
113系後期 阪和色先頭車
中間車
関西色先頭車
中間車
125系 ○
70系 スカ色先頭車
中間車
105系オレンジ ○
広島色 ○
和歌山色 ○
72系ぶどう色先頭車
中間車
オレンジ先頭車
中間車
クモハ73ぶどう色600番台
近代化改造車
オレンジ600番台
近代化改造車
クモニ83800 湘南色 ○

詳細

201系体質改善

  • 中間車はパンタあり・パンタなしの2種の屋根パーツが付属。
  • 側面窓枠は銀色に塗装されていない(103系体質改善のような、窓パーツへの塗装もない)。
  • 先頭車のスカート部品にジャンパ栓が表現され、見栄えが向上している。前面表示器は屋根の端(前面パーツの内側)に表現されているが、シールを貼ることが前提なのか黒塗装されていない。
  • ウグイスの前面白帯は、西日本スペシャルパート2の103系体質改善と異なり、側面まできちんと印刷されている。

201系体質改善 オレンジ 201系体質改善 ウグイス 201系体質改善 スカイブルー 201系体質改善 中間車両 窓枠の印刷は省略されている

ステッカー

  • 車体番号
モリ217 モリ219モリ225 LB5モリ223 LB16C2C7C28ND608ND609ND612
クハ201-66
モハ201-152
モハ200-152
クハ200-66
クハ201-91
モハ201-194
モハ200-194
クハ200-91
クハ201-89
モハ201-189
モハ200-189
サハ201-79
サハ201-93
モハ201-190
モハ200-190
クハ200-89
クハ201-141
モハ201-276
モハ200-276
サハ201-72
サハ201-98
モハ201-277
モハ200-277
クハ200-141
クハ201-62
モハ201-144
モハ200-144
サハ201-70
モハ201-145
モハ200-145
クハ200-62

クハ201-67
モハ201-194
モハ200-194
サハ201-72
モハ201-195
モハ200-195
クハ200-67

クハ201-139
モハ201-272
モハ200-272
サハ201-98
モハ201-273
モハ200-273
クハ200-139

クハ201-119
モハ201-237
モハ200-237
モハ201-238
モハ200-238
クハ200-119


クハ201-122
モハ201-243
モハ200-243
モハ201-244
モハ200-244
クハ200-122


クハ201-136
モハ201-152
モハ200-152
モハ201-153
モハ200-153
クハ200-136


モリ217モリ219 は後に塗装変更・編成替えのうえND602ND607 となった。
モリ225→(モリ205→)LB5モリ223→(モリ216→)LB16 はそれぞれサハ201-93サハ201-72を抜いた7連で、C11C30の車番としても使用できる。

  • 行先
    32M ●● 大阪環状線17M ●● 大阪35M ●● 京橋34M ●●大阪環状線直通ユニバーサルシティ・桜島25A ●● 京都12M ●●大阪環状線直通大阪・京橋
    22A ●● 高槻14A ●● 西明石48A ●● JR難波12A ●● 加古川42A ●● 王寺62A ●● 奈良 (東海道・山陽線は国鉄書体、その他は角ゴシック体)
  • 冷却風グリル ×10
 

113系後期

  • 先頭車の前面はシールドビームタイプ。
  • 中間車はパンタあり・パンタなしの2種の屋根パーツが付属。先頭車はグローブ型ベンチレータ・押込型ベンチレータの2種が付属するが、後期タイプなのでグローブ型は使用しない。
  • グレーHゴム仕様。

ステッカー

関西色阪和色
クハ111-254
モハ113-333
モハ112-333
モハ113-338
モハ112-338
クハ111-568
クハ111-2121
モハ113-2029
モハ112-2029
モハ113-2030
モハ112-2030
クハ111-2021
クハ111-2144
モハ113-2058
モハ112-2058
モハ113-2059
モハ112-2059
クハ111-2041
クハ111-5254
モハ113-5333
モハ112-5333
クハ111-5568


クハ111-5255
モハ113-7057
モハ112-7057
クハ111-5561


クハ111-5256
モハ113-5334
モハ112-5334
クハ111-5564


クハ111-5259
モハ113-5338
モハ112-5338
クハ111-5567


クハ111-7144
モハ113-7030
モハ112-7030
クハ111-7041


クハ111-262
モハ113-325
モハ112-325
モハ113-327
モハ112-327
クハ111-562
  • シルバーシートマーク
  • ヘッドマーク:快速 奈良↔大阪(2個、目隠し1個)、新快速(2個、目隠し1個)
 

70系

  • 先頭車は偶数車(トイレが正面に向かって左側)。木枠前面窓・Hゴム前面窓の2種の前面パーツが付属(運行灯はどちらも木枠)。パート10と同一仕様。パッケージに描かれている、前面窓・運行灯ともHゴムの前面は付属しない*1
  • 先頭車・中間車とも側面扉窓・戸袋窓はHゴム。

file70系パーツ詳細

70系スカ色 先頭車両

ステッカー
パート10 / 70系参照

 

125系(クモハ125)

  • 1パンタ・2パンタの2種の屋根パーツが付属(実車では全18両のうち、6から8・11・12の5両が2パンタ)。
  • 前面表示器が屋根の端(前面パーツの内側)に表現されているが、黒塗装されておらず、シールも行先表示部分しかない(201系では、黒いシールで全体を覆うことができる)。
  • 当パートでもっとも人気が高く後に白箱で再販された。

125系

ステッカー
105系と共通。

クモハ125-1
クモハ125-3
クモハ125-7
クモハ125-8
クモハ125-9
クモハ125-10
クモハ125-11
クモハ125-12
  • 行先方向幕 : 敦賀東舞鶴加古川谷川(以上2個)、綾部小浜近江塩津福知山西脇市厄神
 

105系

  • 側面が4扉車タイプの、103系改造グループ*2。前面パーツ以外はパート14の103系1000と共通部品(クハ103-1000から改造されたタイプでも、前面は幌受けの有無が作り分けられている)。
  • オリジナルタイプ(パンダ顔)・クハ103-1000から改造されたタイプ(クハ105-0とクハ104-551)の2種の前面パーツが付属(ただしオレンジにはクハ103-1000から改造されたタイプは実在しなかった)。
  • パンタあり・パンタなしの2種の屋根パーツが付属。非冷房。冷房改造仕様にするには103系後期車の屋根パーツを一部加工する必要がある。
  • スカートは付属しない。201系スカイブルーに付属の西日本用スカートをはめ込むのが丁度いいであろう。
  • 体質改善車ではないので、もちろん和歌山色はクリーム地に朱帯の旧塗装。
  • 黒Hゴム仕様。

105系 広島色 (オリジナルタイプ) 105系 和歌山色 (103系1000番台改造タイプ) 105系 オレンジ (オリジナルタイプ)*4

ステッカー
125系と共通。

広島地区和歌山・奈良地区
クモハ105-521
クモハ105-522
クモハ105-525
クモハ105-526
クモハ105-527
クモハ105-528
クモハ105-529
クモハ105-530
クモハ105-531
クハ105-11
クハ105-12
クハ105-10
クハ105-102
クハ105-14
クハ105-1
クハ104-601
クハ105-103
クモハ105-532
クモハ105-502
クモハ105-503
クモハ105-506
クモハ105-508
クモハ105-513
クモハ105-515
クモハ105-516
クモハ105-517
クモハ105-504
クモハ105-507
クモハ105-509
クモハ105-512
クモハ105-518

クハ104-502
クハ104-503
クハ104-506
クハ104-508
クハ105-3
クハ105-5
クハ105-6
クハ104-551
クハ104-504
クハ104-507
クハ104-509
クハ105-2
クハ105-8

クモハ105-525
クモハ105-528
クモハ105-529
クモハ105-531
クモハ105-532
クハ104-601
クハ105-101
クハ105-104
クハ104-25
クハ104-26
  • 行先方向幕(前面)
    • 103 : 広島、小野田、可部、宇部新川、宇部、下関、和歌山王寺奈良粉河新宮和歌山↔和歌山市桜井紀伊勝浦
    • 105 : 広島、小野田、可部、宇部新川、宇部、新山口、和歌山奈良粉河新宮桜井紀伊勝浦王寺和歌山↔和歌山市
  • シルバーシートマーク
  • 冷却風グリル
 

72系・クモハ73

  • 72系先頭車およびクモハ73はHGシャーシになったこと以外パート5と同一仕様。
  • 72系中間車はサービスパーツの前面が付属しない。このため63系改造タイプの先頭車は作れない。
  • パーツの組み合わせによるバリエーションはパート5を参照。

再販なのに1アソート中に計8個入っているためか、評判が悪い(製品自体は出来がよく、パート5では比較的好評だった)。原型クモハ73が作れないことも一因かもしれない。

 

クモニ83800

  • 雨樋い位置が普通の高さとなった83806以降がプロトタイプ。
  • シークレット。

クモニ83800

 
アソート製品
 

*1 ファンページにも奇数車、Hゴム前面窓、木枠運行灯・Hゴム運行灯の2種(西日本スペシャルと同一仕様)という、実際とは異なる仕様が書かれている。
*2 103系からの改造車でも、中間車から改造されたもの(クハ103-1000から改造されたクハ105-0、クハ103-0(初期車)から改造されたクハ105-100*3、事故で廃車となったクハ105-7の前頭部とモハ102を組み合わせたクハ104-551以外)はオリジナルの前面(パンダ顔)を持つ。
*3 外観はクハ103-0(初期車)のまま。東日本車と同様の前面強化が施されているため、4両セットの東日本車用の強化型前面がそのまま使用できる。
*4 105系オレンジの写真は外部ブログより許可を得て転載。
このサイトはBトレインショーティーの製品情報をまとめた非公式ウィキです。プライバシーポリシー