用語集(さ行)

目次
あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行英数

情報提供・提案・ご指摘については反映漏れや行き違い等を防ぐため、用語集のトップページのノートにてお願いします。

さ行

サービスパーツ

【基本用語】
 組み立てのバリエーションへの対応で余計に入っているオマケ部品。近年では「ボーナスパーツ」とも呼ばれる。発展形に初回限定版。作り分けができて歓迎される反面、のめり込んで財布が軽くなることも。最近では減少傾向にあるため、再販されても組むことが出来なくなりがちになっている。

再販(さいはん)

【販売方法】
 過去に発売した商品を再発売すること。再販売を再販と略すことが多い。
 単純に同一商品を再販することは少なく、微妙に仕様が異なる場合が殆ど(シャーシの変更で値上がりしたり、パーツやステッカーの内容が異なるなど)。

シークレット

【基本用語】
 (略称:シクレ、シク)
 ブラインドパッケージ販売品のアソートのうち、(発売までは)公表されていない車種。「シク」「シクレ」と略して称されることもある。パッケージのイラストでは、「?」が描かれたシルエットで表されている。その形が実際の車種を表しているとは限らない。封入率は1ボール24個入の製品で120分の1、つまり1カートンに1両入り、そのボール箱からは通常アソートのうちのどれか1つが抜ける。パート1セブンイレブン限定版路面電車パート2・3、エクスプレス各パートには存在しない。→シークレット一覧

シクレ被害(しくれひがい)

【関連用語】
 アソート品を箱買いした場合などにシークレットを引き当ててしまい、本来箱買いで揃う筈の編成が揃わなくなってしまうこと。または単純にシークレットが希望する製品ラインナップでない場合にシークレットを引き当ててしまうこと。

実車超え(じっしゃごえ)

【関連用語】
 ある車両系列に関して、所有量が実際の両数を超えること。

児童館(じどうかん)

【関連用語】
 過去に存在した「Bトレインの部屋」というサイトのこと。
 情報掲示板や画像掲示板、交換掲示板などがあった。バスコレを扱う「バスコレの部屋」も併設されていた。当時はBトレ関係で最も活発なサイトであったが、反面掲示板群の投稿の多くがあまりにも幼稚だったためこのあだ名が付いた。「わくわく児童館w」とも。末期には“児童”たちを煽る荒らしが大量発生していたが、管理者はサイトリニューアルの際に一掃するとして荒らしを放置していた。しかし、いくつかの要因により、そのままサイト閉鎖となってしまった。このサイト(Kim's)のBトレ・バスコレ交換掲示板は実質的に児童館のそれの後継となっている。

シブタニ

【販売場所】
 東京にあった渋谷模型のこと。
2013年度の渋谷再開発で駅西南のビルに在った実店舗を閉鎖しネット販売専門に移行した。2018年2月4日付けで倒産し、全商品・注文の取扱いが終了した。
実店舗では限定品や開封販売などを多数扱っていた反面、法外な価格設定が多かった。また年始には30両前後の車両が入った福袋が発売された。

シャーシ

【基本用語】
 Bトレの下回りを構成する部分のこと。フレームとも呼ばれる。床板、台車、台車レリーフ、カプラー等で構成される。なお、スカートは前面パーツとブロックパーツとの間に挟み込んで組み立てる構造のため、シャーシには含まれない。2002年の発売以降、仕様が度々変更されている。なお、連接構造車・一部の路面電車などは、現行のシャーシではなく従来のHGシャーシまたはSHGシャーシで製品化・再販される。

車種シャーシ名主な採用時期主な商品特徴・改良点
-旧シャーシ2002年19月~2003年 4月パート1~32軸フランジなし
旧シャーシB2003年17月~11月パート4,52軸フランジあり
電 車
気動車
客 車
貨 車
HGシャーシ2003年11月~2007年10月ベストリピートパート2~6、パート6~164軸、床板+台車構造(台車レリーフ、爪固定)、カプラー軸受け:リング
NewHGシャーシ2007年10月~2012年10月新パート1台車部固定方法:はめ込み式、カプラー軸受け:C形
SHGシャーシ2012年10月~2013年10月路面電車セット(2011年12月)台車とカプラー部を分離、カプラー軸はブロックにピン
改良SHGシャーシ2013年10月~2014年 1月近鉄30000系ビスタEX(2013年11月)カプラーポケット式
SGシャーシ2014年12月~2015年12月鹿島臨海鉄道6000形(2013年12月)床板+台車の一体構造、N化用床板付属、マグネットカプラー廃止
フランジ縮小、材質がナイロンからポリエステルに変更
NewSGシャーシ2015年18月~大井川鐡道トーマス客車(2015年8月)N化用床板の省略、車輪のランナーパーツ化
機関車*1SG LOCOシャーシ2016年16月~ED79形(ED75形)(2016年6月)機関車用2軸シャーシ廃止→4軸化、台車レリーフ採用

※詳細は各シャーシの項を参照。

車体(しゃたい)

【基本用語】
 Bトレでは床板よりも上の部分をいう。床板は含めない。中古販売においては車体だけではジャンク品の扱いにされやすい。

趣味検索(しゅみけんさく)

【販売場所】
 →ホビーサーチの項参照。

序(じょ)

【販売場所】
 Bトレを販売する家電量販店の1つ、上新電機(Joshin)のこと。
ウェブ通販はリンク集参照。 日車夢工房や中日本航空(株)など一部の事業者限定品の取り扱いがある。発売当初は事業者限定販売だったものが、後々ジョーシン店舗で取り扱うこと*2もある。 ジョーシンのおもちゃ・模型専門店ブランド名である「キッズランド」、略して「キッズ」「傷」とも呼ばれる。

上級者向けパーツ(じょうきゅうしゃむけぱーつ) 

【基本用語】
 その名の通り、Bトレ上級者向けのパーツのこと。京阪8000系・阪急9000/9300系の前面表示器で見られた。なお、取り付けは任意なので無い場合でも組み立ては可能。

初回限定版(しょかいげんていばん)

【販売方法】

  • 新パート1以降の通常シリーズでは、初回限定版と通常版の2種類が発売された。初回限定車両(訓練車など)が入るほか、パッケージで「初回限定版」アナウンスされている。
  • セット販売などで初回限定と謳われ、車両やパーツが別途付属する製品。後に通常版として販売される場合、初回限定版とは仕様が異なる。
  • 京成AE形やE3つばさのように、初回限定のみでしか正規の車体の編成が組めない商品もある。
  • 似たものとして、581系6両セット・増結2両セット、E231系山手線(100周年塗装)のように、その回限りの生産であることを謳った「限定品」がある。
商品名発売年月日初回特典
新パート12007年10月29日485系訓練車
新パート22008年 5月21日455系訓練車
近鉄5820系+阪神1000系2009年 3月20日相互直通運転開始PRステッカー付属
新幹線500系のぞみ2010年 5月19日先頭車観測窓、2・15号車の屋根「JR-WEST W1」ペイント
京王1000系2010年 4月 5日-前期形(前面・側面・妻面)パーツ付属
首都圏新都市鉄道TX-1000系2010年 7月29日ヘッドマーク付き前面、ヘッドマークステッカー付属
首都圏新都市鉄道TX-2000系
京成AE形(新型スカイライナー)2010年10月28日4号車(側面・ガラス)パーツ付属
カシオペア EF510+E26系2012年 1月18日EF81カシオペア塗装、北斗星塗装付属
キハ181系 板谷峠セット2012年 5月26日EF71付属
新幹線E3系こまち2013年 1月17日R1編成(前面・屋根・ノーズ)パーツ付属
新幹線E3系2000番台つばさ1000番台前面パーツ、15号車側面パーツ付属
ED75 ・ED77形2013年 5月23日ED77形901号機用前面、屋根パーツ付属
三陸鉄道36形 赤塗装+青塗装2014年 3月19日標準色(前面・側面・スカート)パーツ、非冷房屋根付属
東急5000系 初代青がえる2014年 6月19日アルピコ交通クハ5006用パンタ撤去屋根パーツ付属
東京都交通局7000形(赤帯) + 7500形(青帯)2015年 6月18日7000形3枚窓前面パーツ1枚付属
東京都交通局8500形 + 8000形(赤帯)2015年 6月18日8501号タイプ前面パーツ1枚付属

白箱(しろはこ)

【販売方法】
 印刷でなく商品名などが書かれたラベル貼りの箱、あるいはパッケージが黒1色の単色印刷の製品。主にバンダイ扱いのイベント限定品に多かったが、2010年以降に一般販売された一部の商品(サロ165+サロ455、サハE230山手線+100周年塗装など)も白箱で発売されている。

2003年クモヤ90102
2004年EB10青・緑EF65-116+ぶどう色、EF65-1059+1065、EF81-95+カシオペア塗装キハ10旧気動車色
2005年EF58-4+31、EF58-18+青大将、EF58-150+157クモユニ81+クモニ83100名鉄5500系スカーレット
2006年103系JR東海色223系1000番台クモユニ143+クモユニ147
2007年りんかい線70-000形EF58/EF60-500ブルトレ色EF63アンテナなしクモヤ143キハ120越美北線
2008年125系流電・飯田快速色
2009年キハ10
2010年サロ165・サロ455サハE230山手線キハ55キハ65・キロ28名鉄7100系東急7200系
2011年新幹線922形電気軌道総合試験車タイプ
2012年キハ181系はまかぜ色、(DD51北斗星色
2013年DD51-1、DD51-842号機+888号機DD51北斗星色
2016年E7系金メッキ

非売品一般販売プレミアムバンダイ通販限定品、他はイベント限定販売品(のちにプレミアムバンダイ通販となったものを含む)

新規事業部(しんきじぎょうぶ)

【販売元】
 当初Bトレを担当していたバンダイの部署。ホビー事業部参照。

ステッカー表現(すてっかーひょうげん)

【基本用語】
 車体の装飾などを付属の印刷済ステッカーで表現する製品のこと。 発売時点での車体への塗装・印刷技術では再現困難なキャラクターラッピング、グラデーション塗装などに見られたが、その後車体への特殊印刷技術の確立により減少した。 2015年頃からは製品の価格高騰を抑えるためか、従来塗装されていた車体帯をステッカー表現とする製品が見られるようになった。

スペシャルセレクション

【関連用語】
 Bトレの公式ホームページ内にあるBトレに関連する車両紹介コーナーのこと。
タイトルと公開日は下記の通り。

vol.001
デハ3450
その1 60年前の東急を楽しめる電車の話
その2 東急電鉄デハ3450形(復刻旧塗装)発車準備完了!
その3 豊富なパーツで車両の特徴を再現!
その4 デハ3450を走らせよう!
その5 N-B4に池上線を再現!
2016. 5.25
2016. 6.15
2016. 7.1
2016. 7.25
2016. 8.25 *1
vol.002
キハ48・40
その1 キハ48・キハ40に新色登場、今度は新潟だ!
その2 新潟の鉄道ってどんなんだろう?
その3 キハ40系ってすごいんです
その4 不ぞろいの編成を楽しもう
その5 『鉄道の町』とキハ40。いろんな車両とすれ違い
その6 キハ40はこんなに楽しい
2016. 6.24
2016. 7.13
2016. 8.1
2016. 9.6 *2
2016. 9.29
2016.11.1
vol.003
私鉄観光特急
その1 私鉄観光特急シリーズ 東武100系 日光詣スペーシア
その2 リニューアルで魅力一新! 小田急西武の観光特急
2016. 7.8
2016. 7.28
vol.004
デヤ901・902
その1 京王線の超レア車両
その2 電車の顔は歴史を語る
2016. 7.20
2016. 8.10 *3
vol.005
20系
その1 20系(基本編)
その2 フル編成の魅力を楽しもう
2016.11.25
2017. 2.1
vol.006
環状線
その1 2017年は環状線に注目
その2 2017年、Bトレは都市通勤電車シリーズを始動
2016.12.26
2017. 4.20

*1 : 当初9/下旬に次回更新予定と予告されていたが以後の更新はなく、9/23に予告が削除された。
*2 : 当初は8.19更新予定とされたものが8月末頃へと変更された。
*3 : 当初9/中旬に次回更新予定と予告されていたが以後の更新はなく、9/23に予告が削除された。

スルッとKANSAI(するっとかんさい)

【販売元】
 近畿圏の公共交通機関で利用できる磁気・IC乗車カードの協議会ならびに筆頭会社*3。2004年から2008年にかけて年1回のペースで加盟事業会社のBトレを第5弾まで43種発売したほか、2009年にも2種類のBトレを発売した。各社窓口での販売が中心であり、ネット申し込みを中心とした通信販売も予約制を取らず限定的だったことから人気モデルは入手難易度が高かった。発売日には複数のモデルが各々の鉄道事業者窓口で同時多発的に個数限定で販売されるため、当日は早朝から長蛇の列が見られたほか、購入直後に別の販売個所への移動を狙うなど"スル関争奪戦"と称されるお祭り騒ぎが各所で見られた。現在の関西私鉄Bトレは各鉄道会社ごとに販売されている。

2004年2月7日発売第1弾 3社6種類先頭車2両セット、900円
1京阪8000系3阪急9300系5南海10000系
2京阪2600系4阪急デイ1006南海7100系
2005年6月4日発売 第2弾 6社局12種類2両セット**、900円
7京阪7000系11南海2000系15阪急2000系
8京阪800系12大阪市交通局21系御堂筋線16阪急8000系
9京阪9000系13大阪市交通局23系四つ橋線17山陽電気鉄道5000系*
10南海2300系14大阪市交通局24系中央線18近鉄8000系
2006年8月26日発売 第3弾 5社局12種類(先頭車+中間車)2両セット、900円
19大阪市交通局70系長堀鶴見緑地線23南海11000系27京阪1900系PiTaPa Train
20大阪市交通局80系地下鉄8号線24南海31000系28阪急2300系(非冷房)
21山陽電気鉄道3000系25京阪1900系特急色29阪急5300系
22山陽電気鉄道3000系旧塗装26京阪1900系通勤色30阪急6300系
2007年12月15日発売 第4弾 3社局7種類(先頭車+中間車)2両セット、900円
31阪神5500系33大阪市交通局22系谷町線35近鉄12200系
32阪神9300系34大阪市交通局25系千日前線36近鉄12400系
37近鉄15200系
2008年8月23日発売第5弾 3社6種類(先頭×2+中間×2)4両セット、2,200円
38南海50000系ラピート40京阪3000系更新前42阪急5000系
39京阪2400系41京阪8000系30番台43阪急9000系
番外
2009年3月20日発売阪神1000系&近鉄5820系(先頭+中間)×2、4両セット、2,200円
2009年12月20日発売近鉄10100系初期3両セット、2,000円

** : 京阪・阪急・大阪市は先頭車+中間車、南海・山陽電鉄・近鉄は先頭車×2。*:17 山陽電気鉄道5000系は2007年6月に中間車を加えて再販。

成形色パーツ(せいけいしょくぱーつ)

【基本用語】
 主に2015年販売分から見られるようになった、グレーなどの1色塗装を省略して、無塗装の成形色にしたパーツのこと。通常の塗装済みのパーツと比べると、成形色の方が光沢があり、触った感触が滑らか。 『一部のパーツの装飾は成形色で再現しております。』とパッケージに表記されている製品もある。

KIOSK特別編パート10の屋根・台車レリーフなどは大半が無塗装の成形色で占める。

生産中止(せいさんちゅうし)

【販売方法】
 一般発売品などが模型店などで予約を開始した後にバンダイ・模型店から発売中止が発表された場合のこと。

いままでに生産中止になったのは下記の通り

車種 セット構成当初予定備考
相鉄 新7000系 新塗装 4両セット2009年2月発売
0系 基本セット 4両セット2009年3月発売再販
0系 増結セット 4両セット2009年3月発売再販
N700系 レインボー塗装R10編成
4両セット
2011年11月予約、2012年3月発送プレミアムバンダイ限定。
2012年4月に一般流通品で発売

セット製品(せっとせいひん)

【販売方法】
 車種別のパッケージ、すなわち中身が分かるパッケージで販売される製品のこと。

 1両から6両、多い時は7、8、10両、新幹線に至っては16両編成のフル編成セットが販売されたこともあった。

先行発売(せんこうはんばい)

【販売方法】
 主に私鉄会社限定品がイベントなどで、あるいは一般販売の私鉄車両が会社限定で、発売日に先駆けて販売されること。

増結セット(ぞうけつせっと)

【販売方法】
 ある形式の車両セットに対して、別売で用意される中間車のみのセット。一部には先頭車(485系・683系)や緩急車(24系25形)が含まれるが、多くはグリーン車。

 特急車両などは4両ずつ基本Aセットと増結Bセットに分かれている傾向(485系、683系など)だが、どちらか一方だけが入手困難な場合もある。そのうえ基本セット、増結セット単体のみを集めても編成が組めない(683系など)ことも。

 E231系、E531系などは先頭車+中間車のセットが再版された際に6扉車(総武線)、2階建てグリーン車が再版されず編成の再現に支障をきたす場合があるので注意が必要。

総バラシ(そうばらし)

【関連用語】
 組み立てたものを"ばらし"て組み立て直すこと。

 

*1 相鉄ED10形などの私鉄機関車、DD51形・DD53形・DE10形・DF50形および蒸気機関車を除く
*2 近鉄21020系アーバンライナーNEXT、119系するが色、トレインボックスのものなど
*3 磁気カードは2017年3月に販売が終了され、2018年2月をもって利用を終了した。
このサイトはBトレインショーティーの製品情報をまとめた非公式ウィキです。プライバシーポリシー