埼玉高速鉄道

目次

2008年発売

2000系

会社限定販売。11月17日発売。<1>

彩モール(埼玉高速鉄道が運営するオンラインショップ)*1Contribute Online Shop電車市場にて販売。

11月14日の埼玉高速鉄道車両基地見学会にて先行販売。11月29日の鳩ヶ谷夜祭りでも販売。12月上旬頃から一部で一般流通した。

2000系先頭車2両セット
1,260円
中間車
  • 初期販売品の中間車の片方の側面パーツで、本来はドアの下にある靴ズリがドア上にモールドされているエラーあり。
    • エラーは埼玉高速鉄道、コントリビュートで交換対応。*2
    • エラー対応品は中間車側面パーツが3枚付属するが、一部量販店等ではエラー品のまま販売されているケースが確認されている。
  • パッケージ側面のイラストで形式番号が0000になっている。
  • パンタ準備車の屋根・穴塞ぎパーツは付属しない。
  • 側扉の窓の形は、実際はJR東日本の209系などと同様のものである(製品はごく一般的な窓となっている)。

埼玉高速鉄道2000系 シール未貼り付け

ステッカー

  • 前面表示
    • 運用番号 : 30H 36H 60H 28H*3
    • 行先表示 : 浦和美園 鳩ケ谷 赤羽岩淵 白金高輪 日吉 武蔵小杉 急行浦和美園 急行鳩ケ谷
  • 車体番号 : 2101F、2103F、2105F、2106F、2107F、2108F、2110F
  • SRマーク(前面側面
 
私鉄
 

*1 リンク切れ。かつてのURLはhttp://www.saimall.jp/shopdetail/001000000013/
*2 発売直後はバンダイでも対応していたが、途中から窓口が一本化された。
*3 実車の運用番号は末尾が M だが、ステッカーでは H となっている。
このサイトはBトレインショーティーの製品情報をまとめた非公式ウィキです。プライバシーポリシー