和歌山電鐵

目次

2008年発売

2270系 いちご電車 / おもちゃ電車

会社限定販売〔1〕〔2〕。2008年8月1日午前9時発売。
和歌山電鐵クッズ販売所いちご電車グッズショップにて販売。

2270系 いちご電車2両セット
1,260円
おもちゃ電車2両セット
1,260円

2008年8月20日から26日までの阪神百貨店「鉄道模型フェスティバル」でも販売された。各2000個。
2009年8月12日から18日までの阪神百貨店「鉄道模型フェスティバル」でも販売された。各100個。
第15回日比谷公園鉄道フェスティバルでも販売された。

  • 車体各部のロゴはシール表現(ユーザ貼付)。
  • シールには電車型ガイドがプリントされているため、貼り付けしやすい。
  • 実車のおもちゃ電車の車内で発売が告知された。

いちご電車 いちご電車ステッカー貼り付け前 WK2270_omocha.jpg

いちご電車.jpg おもちゃ電車 側面.jpg

ステッカー(いちご電車)

  • 前面・側面ラッピング(いちご電車・車番も含まれている)
  • 行き先(和歌山-貴志・和歌山-伊太祈曽・和歌山・貴志)
  • ワンマン(前面:黒)

ステッカー(おもちゃ電車)

  • 前面・側面ラッピング(おもちゃ電車・車番も含まれている)
  • 行き先(和歌山-貴志・和歌山-伊太祈曽・和歌山・貴志)
  • ワンマン(前面:黒)
  • 側面ドア(戸袋注意ステッカー)

2009年発売

2270系 たま電車

会社限定販売〔3〕。2009年8月1日 9:00より発売。

2270系 たま電車2両セット
1,260円

伊太祈曽駅窓口(毎日9:00~17:30)、和歌山駅9番線(土曜日・7/18~8/31の間9:00~16:30)、いちご電車グッズショップにて販売。
2009年8月12日から18日までの阪神百貨店「鉄道模型フェスティバル」でも販売された。500個。

  • 車体各部のロゴはシール表現(ユーザー貼付)。Bトレでは実車の半分のみ使用。ステッカーには実車分のたま駅長が付属。
  • 前頭部にはヒゲだけ描かれている。

パッケージ パッケージ裏

たま電車シール貼り付け前 貼付後 2号車 たま電車 側面.jpg

  • 発売前にも貴志駅隣の売店で「たま電車」が展示されていた。

たま電車
(許可を得て撮影 21.2.12)

ステッカー(たま電車)

  • 前面・側面ラッピング(たま電車・車番も含まれている)
  • 方向幕(前面用:各2)
    和歌山-貴志和歌山-伊太祈曽和歌山貴志
  • ワンマン(前面:緑)
  • 101匹分(実車に使われている分)のたま駅長

ステッカー

2270系 いちご電車

会社限定販売〔1〕。2009年8月1日以降再販。初回分がなくなり次第切り替えとなる。

2270系 いちご電車2両セット
1,260円

ステッカー(いちご電車)

  • 前面・側面ラッピング(いちご電車・車番*1も含まれている)
  • 方向幕(前面用:各2)
    和歌山-貴志和歌山-伊太祈曽和歌山貴志
  • ワンマン(前面)

2010年発売

2270系

一般販売〔4〕。2010年12月22日発売。

2270系 一般色2両セット
1,260円
  • 譲渡元の南海電鉄に準じた塗装。
  • 屋根パーツが余分に付属。南海7100系現塗装車と組み合わせると2230系が製作できる。*2
  • 説明書の社紋貼付位置に誤りがある。正しい貼り付け箇所は「両開きドアと車両中間側の窓間のスペース」。
  • 南海所属時代を再現する場合は南海1000系などに収録のNANKAIロゴ・コーポレートマークを貼り付ける。

2270系

ステッカー

  • 車番 : 2271F~2276F (和歌山電鐵の全編成)
  • 方向幕(前面用:各2)
    和歌山-貴志和歌山-伊太祈曽和歌山貴志
  • ワンマン(左右側面・前面) ×6
  • 社紋ヘッドマーク ×3

2013年発売

2270系 たま電車

一般販売〔3〕。2013年9月12日発売。

2270系 たま電車2両セット
1,890円
  • 2275編成「たま電車」の楽しいラッピング塗装を特殊印刷で再現。
  • ステッカーも付属しており、好みで貼ることも可能。
  • 京阪600形(けいおん!ラッピング車)と同様、あらかじめガラスパーツと側面が組み合わさった状態で封入されている。
  • 屋根は2両分のみ(余剰はない)。

2270系 おもちゃ電車

一般販売〔2〕。2013年9月12日発売。

2270系 おもちゃ電車2両セット
1,890円
  • 2276編成「おもちゃ電車」の楽しいラッピング塗装を特殊印刷で再現。
  • ステッカーも付属しており、好みで貼ることも可能。
  • 京阪600形(けいおん!ラッピング車)と同様、あらかじめガラスパーツと側面が組み合わさった状態で封入されている。
  • 屋根は2両分のみ(余剰はない)。

ステッカー

  • たま電車セットにはたま電車のラッピングシール2両分、おもちゃ電車セットにはおもちゃ電車のラッピングシール2両分がそれぞれ付属する。方向幕は共通。
  • 方向幕 (各3 )
    • 旧タイプ : 和歌山-貴志和歌山-伊太祁曽伊太祁曽-貴志和歌山貴志
    • 新タイプ : 貴志、和歌山、伊太祁曽

実車情報

この車両の情報については2016年9月現在。

2270系

  • 1995年に南海22000系を貴志川線向けに改造したものである。
    • 2M編成から1M1T編成化、前面の非貫通化、運転台直後の扉の片開き化等の改造が行われた。
  • 2006年4月1日の経営譲渡に併せ、本系列6編成12両が南海電気鉄道より無償譲渡された。
    • 南海時代に比べ、前面中央部の窓が上方向に拡大された。
  • 当初は全編成が南海電鉄時代の塗装のまま運用されていたが、一部編成が内外装のリニューアルを施され運用されている。
    • 南海色の通常塗装は、最後まで残った2272Fが2019年春のリニューアルを控えていたため2018年9月に消滅した。
編成番号2006.4.1~2006.8.6~2007.7.29~2009.3.21~2013.6.11~2013.12.10~2016.6.4~2018.6.18~2019~
2271F いちご電車
2272F おかでんチャギントン電車
2273F きいちゃん電車*3うめ星電車*4
2274F 動物愛護協会
2275F たま電車 たま電車(リニューアル)*5
2276F おもちゃ電車
和歌山電鐵実車情報
 
私鉄
 

*1 両方とも2271になっているエラーあり
*2 ただし、2230系の車番シールは2270系にも南海7100系にも収録されていない。
*3 未製品化。白地のボディに側面と前面/屋根との境に緑色のラインをあしらい、2015年秋開催の「紀の国和歌山国体」のマスコットキャラクター「きいちゃん」のラッピングが施されている。
*4 未製品化。水戸岡鋭治氏デザイン。県特産の梅をモチーフに、深紅の車体に金のロゴ等をあしらっている。名称は小嶋社長が、同じく水戸岡鋭治氏デザインのJR九州の「ななつ星」に対抗するものとして発案。
*5 未製品化。車体前面上部に猫耳が追加され、1番前のクーラーが制帽風に塗装された。
このサイトはBトレインショーティーの製品情報をまとめた非公式ウィキです。プライバシーポリシー